なつかないと言われているキンカチョウですが、個人的な見解だと文鳥ほどよくなつきます。

今後ペットとして人気が爆発するんじゃないかな・・・と感じています。

今回はそんなペットとして狙い所のキンカチョウについて、種類をご紹介します。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

キンカチョウの種類

キンカチョウは、種類によって色が違います。

様々な種類がいますが、基本はだいたい、ノーマルと比較して頬の部分の色が薄い・違う、羽根の色が違う、目の下にある涙模様がある・ないなどといった感じになります。

 

ただいずれのキンカチョウにも共通して言えるのが、くちばしが赤とピンクの間の色であるという事と、オスとメスでも、頬の色がなかったり薄かったり、模様があったりなかったりと、その配色も若干異なってくるという事です。

その他の部位に関してはそれぞれの種類で色が変わってきます。

カラーバリエーションは実に数十種類もありますが、そのうちの一部をご紹介します。

 

ノーマル

 

まず一般的なものはノーマルと言われ、頬が茶色で、目から下に黒い涙模様があります。

くちばしの下から胸にかけてシマシマ模様になっており、ゼブラフィンチと呼ばれる事もあります。

市場では最も安い価格で売られている、一般的なキンカチョウと言えるでしょう。

 

毛は全体的に黒味がかった灰色ですが、お腹は白、脇のあたりは茶色で、かつ白の水玉模様が広がっていたり、目の下に黒い筋(涙模様)が入っていたりと、全身にわたって非常にカラフルです。

メスの場合は脇の茶色も、頬の茶色もなく、全体的に灰色。

 

ブラックチーク

 

ノーマルに似たブラックチークと呼ばれるものは、頬が茶色ではなく黒で、脇の水玉模様も黒色のものが多く存在します。

 

チェストナット・フランク・ホワイト

 

チェストナット・フランク・ホワイトは白キンカチョウとも呼ばれ、全身が真っ白で、白文鳥にそっくりです。

突然変異で生まれたもの同士をかけあわせて、品種として成り立ったそうです。

 

オスには涙模様があり、脇にも茶色というかベージュの色に水玉模様がついているのが一般的で、メスには涙模様がなく、全身も真っ白のものもいれば、成長過程により、多少模様が現れるものも存在します。

 

ライトバック

 

ライトバックは、オスもメスも全体的に薄い灰色になります。

他の種類より、涙模様が非常に濃い黒なのも特徴のひとつです。

 

脇の茶色も茶色というかベージュといったほうが近い色です。

メスのほうは脇の色も灰色なものが多く、ノーマルから茶色部分をなくしたような配色となっています。

 

ペンギン

 

ペンギンといった、他の鳥の名前がついている種類もあります。

頭から背中にかけてやや黒みがかった灰色で、その他は白色という、まさに見た目がペンギンのような配色をしています。

オスは頬が茶色で、メスは白、両方とも涙模様がほぼなく、メスのほうがどちらかというとペンギンに近い配色をしています。

 

フォーン

フォーンは、全体的に淡い色合いです。

ノーマルより薄い色で、オスは頬と脇の茶色は残っています。

また尻尾あたりの黒い模様もしっかりと出ています。

 

灰色とシナモンの中間くらいの色で、シナモンとして売られている事もあります。

メスは頬と脇が茶色ではありません。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ブラックブレステッド

ブラックブレステッドは「ブラック」「ブレステッド」という名の通り、胸のあたりが黒くなっています。

頬の茶色の面積がやや大きめで、涙模様がほとんどありません。

メスはオスのように頬も茶色くなく、胸の黒い模様もありませんが、涙模様がない、もしくはかなり薄いのはオスと同じです。

 

ヒナの頃より涙模様はないので、判別がしやすいのも特徴のひとつです。

ブラウンブレステッドというものも存在し、胸が黒の代わりに茶色になっていますが、胸だけじゃなく体全体に茶色がさされているものもいます。

 

イザベル

 

イザベルはグレーイザベルとも呼ばれており、フォーンとよく間違えられるようです。

頭から背中まではかなり薄いグレーで、胸元から足にかけて白く、喉あたりには白に薄いグレーのシマシマ模様がありますが、とても薄くて目立ちません。

尾にもシマシマ模様が浮かび上がっています。

他の種類と同じく、オスは頬と脇が茶色で、脇には水玉模様がのっていますがメスにはそれがありません。

 

クリームバック

クリームバックという、品種として認められていないものもあります。

頭から背中が少しピンクが入ったクリーム色、お腹の色は白で、その他は茶色が入ったシナモンに似た灰色で、涙模様は濃い茶色となっており非常に綺麗です。

 


 

このように、実に様々な種類がありますが、一見見分けがつかない品種同士がいくつもあり、素人では判別できない場合がほとんどです。

フォーンだと思っていたらイザベルだったり、ノーマルだと思ったらブラックブレステッドだったりという事がよくあるようです。

 

フォーンイザベルやブラックブレステッドフォーンなど、フォーンとの配合の種類も様々。

双方の色をかけ合わせたような配色である事が、似たような配色が多いことの一因にもなっており、一口でキンカチョウといっても、実に奥深いといえます。

 

個人的な感想としては、折角キンカチョウを飼うのであれば、白キンカチョウ以外を選んだほうがより楽しめるかなと思います。

私は白キンカチョウを飼っていますが、鳴き声と大きさは違えど、文鳥を飼っているような気分にさせられますので…。

 
スポンサーリンク