スポンサーリンク
 

 

我が家のリクガメかわいい瞬間ベスト4

リクガメと生活していると、当たり前のことなのですが、小さいながらもちゃんと個性があり、感情があり、毎日を過ごしているんだなと思うときが多くあります。

犬や猫のように、大きな愛情表現をするわけではありませんが、リクガメもちゃんと飼い主のあなたを認識して、慣れたりします。

長い時間を一緒に過ごすほど、彼らのカワイイ瞬間に出会えることが多いです。

 

 

リクガメかわいい瞬間第4位

まず第四位。

「公園にお散歩に行って動かない時」。

 

 

リクガメには日光浴が必須です。

紫外線ライトを当てていても、自然の太陽光に比べると紫外線量が少ないので冬場は寒いので難しいですが、暖かくなってくると公園に一緒にお散歩にでかけます。

しかし、我が家のリクガメは公園があまり好きではないのか…公園にお散歩に行っても、私が座っているベンチの下に入ったまま全く動かないことが多いです。

 

そこ日陰ですよ…と教えてあげてもどこ吹く風。

せっかくお散歩に来たのに、日陰に入っていては全く意味がありません。

 

でもそんなマイペースな我が家のリクガメがカワイイ。

親バカと言われても、とっても愛おしく感じます。

やはり慣れない外に出るのは、リクガメにとって少しストレスなのかもしれないですね。

 

家の中では、「リクガメってそんなに速く動けるの!?」と友人たちが驚くほどスタスタと歩き回る我が家のリクガメですが、公園に出ると置物のように固まります。

そんな、ちょっと臆病者の我が家のリクガメなのでした。

 

※ここで注意。

リクガメと公園にお散歩に行ったときは、絶対に目を離さず、周りのカラスなど鳥の動向に注意してくださいね。

鳥類はカメにとって天敵。

知り合いのリクガメは、公園で日向ぼっこ中に飛んできたカラスに攫われてしまいました。

そんな悲劇が起こらないように、お散歩に行くときは気をつけてください。

 

 

リクガメかわいい瞬間第3位

リクガメがいる暮らし
「三日市よよ」チャンネルより引用

 

第3位は「エサを手から食べる時」

これは一気にリクガメとの距離が縮まる瞬間ですね!

 

お腹が空いているときのリクガメは、ご飯と見るとすごい勢いで突進してきます。

いつもは餌入れに入れますが、時間があるときは声をかけて葉っぱの茎の部分を持ちながらエサをあげるようにしています。

 

食べるのがあまり上手ではないので、何度も空振りして、見ているこっちがじれったくなるときも多いです。

そんな我が家のリクガメが愛おしい…。

 

自分の指を噛まれないように注意が大切ですが、近い距離でエサを食べるリクガメを見ていると、親密な関係が築けていることを感じます。

好奇心旺盛なリクガメの種類なら、飼った日からエサを手から食べてくれるということもあるかもしれませんね!

 

 

スポンサーリンク



 

 

リクガメかわいい瞬間第2位

「シェルターに入ってオシリがでている時」。

我が家のリクガメは、100円ショップで飼ったプラスチック素材の小物入れをシェルターにしています。

お迎えした当初はまだ今より小さく、そのシェルターにすっぽり収まっていたのですが、今となっては体の三分の一、ちょうどオシリだけが収まらなくなってしまいました。

 

夜の間や、お昼寝のときはシェルターに入って眠っていますが、いつもオシリだけしっかり見えており、まさに「頭隠して尻隠さず」といった風です。

私生活でどれだけイライラすることがあっても、そのほのぼのしたオシリを見ると、なんだか和んでしまいます。

とってもカワイイ瞬間です。

 

来た頃はこのシェルターに収まる大きさだったのに、大きくなったなぁと・・・子供の成長を懐かしむような気持ちにもなれます。

毎日見ていると、大きくなったことも気づかなかったりしますが、ずっと同じ大きさのものを置いておくと、あとから見た時に成長ぶりがより感じられて良いですね。

 

 

リクガメかわいい瞬間第1位

 

そして…第一位は!

「お風呂に入っている時」。

 

リクガメはお風呂大好きです。

我が家では、リクガメ専用にしている風呂桶にお湯を張って沐浴させることが多いです。

溺れない程度の深さで桶にお湯を張り、リクガメを入れてあげると結構長い時間潜ることが出来るんですよ!

 

これははじめて見たときは驚きました。

もしかして死んじゃったのではないかと、思わず掴んで桶からあげて確かめたほど。

 

リクガメは、潜ってお水を飲んだりしているようです。

そして少しふやかしたらハブラシで甲羅をゴシゴシしてあげます。

顔周りを擦ると、嫌がって隠れてしまいますが結構気持ちいいようで、大人しく洗われています。

 

そしてすごい勢いでオシッコしたりするんです!

気をつけないとかけられてしまいます。

 

ハブラシで洗った後は、お湯が冷めないように様子を見ながらお湯に使って体を温めます。

人間もリクガメも、お風呂に入ってリラックスするのは一緒なんですね。

 

我が家のリクガメも手足をダラーーーーンと伸ばして、本当にリラックスしてる!という姿を見せてくれます。

なんとも言えないそのグダっとした姿が、本当にカワイイ瞬間です。

でもすっかり野生を忘れているように見えるので、なんだか申し訳ない気持にもなりますね。

 

以上、我が家のリクガメカワイイ瞬間ベスト4でした。

 
スポンサーリンク