スポンサーリンク
 

 

マンチカンは短い足が特徴的な、とても人気の猫です。

短い足の猫・・・とっても珍しいですよね。

 

マンチカンの歴史

はじめてその存在が確認されたのは、1944年イギリスでのこと。

遺伝子の突然変異によって、自然に短い足の猫が産まれました。

足の短い猫の存在は古くからあったようです。

 

ロシア(旧ソビエト)、アメリカなど各地で短い足の猫は度々発見され、保護されていたようですが、今のマンチカンの祖先となる猫は1983年にアメリカ・ルイジアナ州で保護されたブラックベリーという名のメス猫と、ブラックベリーが産んだ短い足のオス猫トゥールーズです。

 

この2匹がマンチカンのルーツ。

 

1991年のキャットショーで初めて展示されたマンチカンは、他の猫にはない短い足で歩くその愛らしさにたくさんの人々が魅了され、とても話題になったようです。

通常の足の長さの猫との交配で、短い足の猫が産まれたことから本格的なマンチカンの研究が始まりました。

マンチカンとしての歴史は約30年と、まだ浅いです。

 

当初、短い足は遺伝子疾患で健康上の問題があるのではないかと懸念されていましたが、研究により、短い足は染色体の突然変異によるものであり、体の機能には何の問題もない、障害ではないということが確認されました。

1995年にThe International Cat Association(TICA)の認定を受け新種の猫として認められました。

 

オズの魔法使いに登場する小人「マンチキン」が名前の由来になったようです。

英語で、小さい人・子供を意味します。

 

ダックスフンドのような短い足ですが、胴長ではありません。

前足が特に短いように見受けられます。

 

足の長さによって、マンチカンの中でも三種類に分けられており足が短い順に

  • ラグハガー、(絨毯(ラグ)をハグするほどの足の短さ)
  • スーパーショート、(スタンダートとラグハガーの中間の足の長さ)
  • スタンダード、(普通の猫と同じようなスタイル、成猫で10センチ位の長さ)

と呼び名が変わります。

 

すべてのマンチカンは普通の猫よりも足が短いの?と思った方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

マンチカンは短い足の猫だけではなく、普通の猫と同じような足の長さのタイプも存在するのです。

 

短い足のマンチカンは、全体の2-3割といわれています。

すべてが短い足なわけではないんですね。

普通の猫のような姿のマンチカンも存在するのです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

マンチカンの大きさ

 

マンチカンは一般的の猫の中ではかなり小さい種類になります。

成猫のオスが平均で3~4.5キロ。

成猫のメスが平均で2.5~3.5キロ。

 

見た目が小さいので、華奢な猫と思われがちですが、ボディはとても筋肉質で引き締まったセミフォーリンタイプ。

セミコビータイプと表記されていることも多いですが、TICAはセミフォーリンと明記しています。

 

短い足だからといって、他の猫より運動は苦手なんてことはないんです。

速く走ることも出来るし、ジャンプや木登り大好き。

キャットタワーに登るのもお手の物です。

 

しかし足が短い分、ジャンプ力は他の足の長い猫に比べ少し劣るかもしれません。

キャットタワーの高さは、体の大きさやジャンプ力を見ながら

調整してあげてください。

 

 

マンチカンの性格

好奇心が旺盛なので、お家の中を探検したりオモチャで遊んでもらうことが何よりの楽しみです。

マンチカンの好奇心が満たされるように、興味を引くオモチャを用意してあげたり時間のあるときはたくさん遊んであげてくださいね。

 

人懐っこい性格で、猫を飼うのがはじめての方でも飼いやすい猫として知られています。

特にオスの方が甘えん坊で人懐っこい性格のようです。

 

そして比較的穏やかな性格の個体が多く、小さい子供や先住猫がいても上手に共生することが出来ます。

すべての個体が上記のような性格なわけではありませんので、飼う前に、撫でられたり抱っこされても大人しくしているか、人間に対して攻撃的ではないかなど、ペットショップの話を聞いたり自分の目で確かめることが大切です。

ブリーダーから譲ってもらう場合は、その猫の親猫の性格なども考慮することが出来るのでより安心ですね。

 

マンチカンは頭も賢く、性格もおおらかですが臆病で用心深い面も持っています。

しつけの際に大きい声で怒鳴ると、恐怖を感じてしまい飼い主との信頼を築くことが難しくなる場合があります。

 

体罰を与えることも絶対にやめましょう。

攻撃されたと感じ、飼い主を敵と認識してしまいます。

 

すべての猫に関していえることですが、無理やり上下関係を築きしつけをするのではなく、単独行動が好きな猫を尊重してパートナーとして共に生活することを心がけましょう。

マンチカンはとてもきれい好きな猫です。

トイレが汚れていると、他の場所で排泄してしまうことがあります。

お互いのために、トイレは常に清潔な状態であるようにしましょう。

 

マンチカンの寿命

マンチカンの寿命は、一般的な猫よりは少し短く平均11-13年です。

 

肥満になりやすい猫種なので、特に10歳以上の老猫になり、運動量も少なくなったらエサの量や種類に気をつけて腎臓に負担がかからないように注意しましょう。

小さい頃からバランスの良い食事を与え、運動不足にならないようにして出来る限り長生きしてもらいたいですね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

マンチカンの毛色の種類

マンチカンは今までの歴史で、様々な種類の猫と交配されてきた品種の為、毛色、目の色など、とても個性豊かです。

 

レッド、クリーム、キャリコ、シルバー、カメオ、ブラック、ホワイト、ブルーといったすべての毛色が存在します。

キャリコとは三毛猫カラーのこと。

日本の三毛猫と同じカラーのマンチカンがいるなんて不思議ですね。

海外ではキャリコはあまり見られないカラーで希少なようです。

 

特に人気の毛色はクリーム、レッド、ホワイトになります。

猫は全般的に、毛色によって性格が違うといわれていますが、マンチカンに関しては、毛色と性格はあまり関係がないようです。

どのカラーのマンチカンも、好奇心旺盛で人懐こい性格が多いです。

 

瞳の色も様々。

クルミの様な大きな吊り上がった瞳のカラーは、ブルー、グリーン、カッパー、ゴールド、オッドアイなどこちらも毛色同様、すべての色が存在します。

毛色と瞳の色の関連性はないようです。

 

毛の長さも長毛種、短毛種ともに存在しており、かなり細かい部分まで、自分の好みにあったマンチカンを探すことが可能。

毛の質も、とてもお手入れがしやすく細すぎてすぐに絡まって大変なことになることも少ないです。

しかし、マンチカンは年中抜け毛が多く、特に夏前はたくさん毛が抜けます。

 

そのためブラッシングは長毛種なら朝晩2回、短毛種なら1日1回してあげるのが理想です。

ブラッシングすることによって予防することが出来る病気があります。

猫は自分で毛づくろいをしますが、マンチカンは特に抜け毛が多い種類のため毛づくろいで飲み込んだ体毛が消化器官内に溜まってしまい毛玉を吐くことが出来ず、便秘になったりする毛球症という病気になる場合があります。

ブラッシングすることで猫が毛球症になるリスクを回避することが可能。

 

猫の皮膚の健康のためにも、ブラッシングはとても大切です。

猫との貴重なスキンシップの時間と思って、毎日1~2回しっかりブラッシングしてあげることを習慣にしましょう。

 

 

マンチカンの足長短足

マンチカンは足の短い個体ばかりではなく、通常の猫と同じようなスタイルの個体もいます。

先ほども紹介しましたが、足の長さは三種類に分けられており、足の短い順に、

  1. ラグハガー
  2. スーパーショート
  3. スタンダード

となります。

 

ラグハガーとは、ラグ(絨毯)をハグするほど、足が短いという意味です。

足の短さが名前から伝わってきますね。

 

 

マンチカンの値段

マンチカンの値段は、足が短いほど高くなります。

短い足のマンチカンは、マンチカン全体の2~3割といわれていますので、産まれてくる数がそもそも少ないので貴重。

その他、親猫のキャットショーの経歴や、血統書の有無、猫の月齢などで値段は変わります。

 

月齢の若い猫のほうが値段も高くなります。

親猫がキャットショーでチャンピオンの場合は、もっと高値になります。

 

短い足のマンチカンで、15-40万円。

それ以上の値段になる個体もいるようです。

 

足の短くないマンチカンは5-10万円あたりが相場。

 

足の長いマンチカンは雑種では?と思う方もいるかもしれませんが、足の長い短いにかかわらず、マンチカンの血統であればその猫はマンチカンとして血統登録されます。

マンチカンはたくさんの猫の種類の中でも、値段が高く、高価な種類の猫です。

まだ歴史が浅いため、ブリーダーの数も少なく、足が短いマンチカンの数も少ないので希少価値が高いのです。

 

ペットショップでの購入か、ブリーダーからの直接購入かによっても値段は変わります。

アフターサポートについてや、ちゃんとした衛生環境で育ってきたのかなども含め、自分にとって、どちらからお迎えするのがベストなのかを考えて購入しましょう。

 

純血種のマンチカンの他に、他の種類との交配で出来たマンチカンミックスと呼ばれる種類もたくさん増えてきています。

スコティッシュフォールドとマンチカンのミックスで耳が折れている特徴をもった、スコマンチと呼ばれる種類や、アメリカンカールとマンチカンを交配させた巻き耳のマンチカンも有名ですが、国際的な血統登録団体であるTICAは、交配による弱体化を防ぐために、他の純血種の猫とマンチカンの交配を禁じています。

 

そのため、スコマンチや、他の純血種とマンチカンのミックスの猫には血統書が発行されません。

TICAには公認されていないので、もしそのような猫を飼う場合はきちんとその旨を把握した上で購入しましょう。

 

ドメスティックキャット(雑種)とマンチカンの交配は認められているため、スコティッシュフォールドの雑種とマンチカンの間に産まれた個体で耳が折れた特徴をもったマンチカンも、マンチカンとして血統登録することが可能です。

しかし、垂れ耳や折れ耳のマンチカンはスタンダードとして認められていないのでキャットショーに出場することは不可能。

 

短い足のマンチカン同士の交配は、致死遺伝子によって先天性の奇形をもった個体が生まれる可能性が高いなど、遺伝的な危険があるため認められていません。

歴史が浅い猫種のため、多種との交配に関してなどまだまだ定義が不安定な部分も多いようです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

マンチカンで気をつけたい病気

続いてマンチカンのかかりやすい病気について紹介します。

 

椎間板ヘルニア

足の短いマンチカンは、ダックスフンドなどと同様に、足の短い動物に見られる椎間板ヘルニアという病気にかかるリスクが高いといわれています。

椎間板ヘルニアは、肥満や老化などにより引き起こされます。

マンチカンは特に太りやすいといわれているので、エサの与えすぎなどに気をつけて、適正な体重を保てるように、飼い主がしっかり管理してあげましょう。

 

遺伝的な異常がによりヘルニアになる場合もあります。

足を引きずって歩いている、急に運動しなくなったなど、気になる症状がある場合はすぐに動物病院を受診しましょう。

 

普段からヘルニアにならないような対策を心がけることが大切です。

フローリングの床はとても滑りやすく、高い場所から着地した時に足や腰に負担がかかります。

滑りにくいように床にコルクマットのようなものを敷いたりするだけで猫にとって快適な空間になります。

 

毛球症

マンチカンには短毛と長毛の二種類がいますが、長毛のマンチカンの場合特に気をつけなくてはいけないのは毛球症です。

猫は自分で毛づくろいをしますが、その時に体毛をたくさん飲み込んでしまい吐くことが出来ず、消化器官で消化されず、毛球症になってしまうことがあります。

 

こまめにブラッシングしてあげることが、何よりの予防になりますので特に長毛種のマンチカンを飼育される場合は、1日2回ほどブラッシングしてあげてくださいね。

 

慢性腎不全

慢性腎不全は腎臓の機能が衰えることによって起こる病気で高齢の猫がかかりやすいです。

老猫になると、運動量がガクンと減りますので、それまでと同じようにエサを与えるのではなく老猫用のエサを与えるなどして肥満、糖尿病などのリスクも回避しましょう。

 

水を大量に飲み、尿が多いという多飲多尿の症状が見られた場合は腎不全の可能性がありますので、すぐに動物病院を受診しましょう。

 

猫伝染性腹膜炎

殆どの猫が保有しているといわれるコロナウイルスが変化して起きる病気です。

どの猫にもおこる可能性がある病気ですが、特にマンチカンに多いといわれています。

 

現時点で治療法が無いため、発症すると死んでしまいます。

ストレスが原因ではないかと言われています。

 

ストレスは色んな病気やトラブルを引き起こします。

普段からストレスを溜めないように、部屋のレイアウトや、環境音などに気を配り猫にとって快適な空間で毎日を過ごせるようにしてあげましょう。

 

 

すべての病気において早期発見が大切です。

一緒に過ごす毎日で、小さな変化を見落とさないようにしたいですね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

マンチカンの飼い方

はじめに猫を飼育する場合、

  • 室内で飼うか
  • それとも屋外にも出入り自由にするか

大きく2つに別れますが、屋外での飼育は交通事故や感染症、外にいる野良猫との接触、望まない妊娠などのリスクもあり危険ですので猫が長生きするためにも、完全室内飼育をおすすめします。

 

知ておきたい医療費やトリミング代

月齢の若いマンチカンを購入した場合は、混合ワクチンの接種が必要です。

ペットショップですでに一回目を接種済みの場合もあれば、購入時に飼い主が費用を負担する場合もありますので、購入の際にきちんと確認しておきましょう。

 

猫がかかりやすい病気の免疫力をつけるためにワクチンを接種を行います。

生後3ヶ月、生後9ヶ月に各1回ずつ、その後は1年に1回の接種が理想です。

ワクチン接種は、1回6000円前後です。

 

健康診断も出来れば1年に1回受けましょう。

住んでいる地域により値段は前後しますが、大体5000円位を考えておきましょう。

 

猫も病気にかかることがあります。

動物病院での治療は思いがけず高額になる場合も多いです。

最近は、ペットのための保険も増えてきました。

 

そういったものに加入しておくことも、これからの長い猫との生活において大切です。

金銭面の問題で治療を受けさせることが出来なかったなどということが起こらないように、しっかり計画をたてて猫との生活を始めましょう。

 

その他に考えられる医療費としてはノミやダニの予防をする場合です。

5000円位の費用がかかります。

 

去勢や避妊手術をする場合は、20000~50000円の費用がかかります。

お住まいの地域によっては、避妊・去勢手術の補助があることもあります。

 

自分でシャンプーや耳掃除、爪切りなどのトリミングをしない・出来ない場合はお店でお願いすることになります。

その場合の料金は5000~10000円ほど。

耳掃除もきちんとしておかないと、耳の疾患や耳ダニの発生など色んな病気を引き起こします。

定期的にケアすることが大切です。

 

マンチカンの長毛種の場合は、日頃からのブラッシングの習慣はとても大切です。

皮膚病や、毛づくろいした毛を大量に飲み込むことによる毛球症などにかからないようにするためにもトリミングサロンへ行くことも検討してみましょう。

医療費や臨時の出費は大体以上になります。

 

飼育生活にかかる費用

ここからはお迎えするにあたって必要な生活用品をご紹介します。

 

新しい環境に連れてこられた猫は、初めは不安を感じることでしょう。

彼らが安心できる場所を作ってあげましょう。

 

まずはケージを用意し、その中にトイレやベッドを置いてあげて下さい。

不安そうにしているなら、落ち着くまでそっとしてあげましょう。

ケージは1匹で留守番をさせたいときや、脱走の危険があるとき、猫が苦手な人が家を訪れた時などにあると便利です。

 

大きさやデザインなど様々なものがあります。

シンプルなものから、3階建てのような凝ったものまで…部屋に置ける大きさや、掃除のことなども考慮した上で購入しましょう。

5000-15000円位の価格帯のものが多いです。

 

そして、猫も生き物ですのでトイレが必要です。

トイレは猫が毎日使うもの。

そして私達飼い主が、毎日掃除をするものです。

 

どこに置くかにもよりますが、臭わない、掃除がしやすい、この2つを満たすものがあればいいですよね。

大きく分けて、カバー付きのものとカバーがないものがあります。

カバーが付いているトイレは、猫のトイレ用砂が飛び散りにくい、そして猫のプライバシーが守られます。

 

対してカバーがないトイレは、掃除がしやすく、猫も圧迫感を感じませんが、猫砂が散らばりやすいというデメリットがあります。

その他の機能として、猫砂を入れる上の部分と、下部にトイレシートが設置出来るようになっているシステムトイレと呼ばれるものも販売されています。

システムトイレは、固まる砂を使わず、システムトイレ用の尿を通す砂を使用し、下部のトイレシートに尿が吸収されるようになっています。

 

したがって尿だけなら、わざわざ砂を捨てる必要がなくシートを取り替えるだけなので掃除がとても楽にできるのです。

トイレも様々なデザインのものがありますので、機能性とデザイン性を考慮して、実用的で自分が気に入ったものを購入しましょう。

3000円前後のものが多いです。

 

ペットシーツは色んな大きさがありますが100枚入りで1000円くらいです。

トイレ砂は5リットルで500円くらいです。

 

あとは、ご飯を食べるための食器、水を入れる器をそれぞれ用意しましょう。

あまり深いと食べにくかったり、安定しないものだと水が溢れてしまったりするので、出来るだけ浅く、安定性のあるものを選びましょう。

万が一のことを考えて、陶器やガラスのような割れてしまうようなものは出来るだけ避けましょう。

 

マンチカンは1年中毛が抜けますが、特に長毛種の場合は、皮膚病や毛球症にならないためにも毎日のブラッシングが大切です。

お手入れ用品として、ブラシやコーム、その他爪切りなど必要なら購入しましょう。

どれもペット用品店で500~1000円ほどで手に入ります。

 

そして、猫がゆっくり安心して休めるベッドを用意してあげましょう。

色んなデザイン、色んな素材の猫用ベットが販売されています。

そのベッドで眠っている、可愛い猫をイメージしながら購入するのはとても楽しい時間ですね。

ケージや部屋の置き場所のスペースを考え、安定して置ける場所を確保しましょう。

 

マンチカンは長い足の個体も短い足の個体も、どちらも同様に運動が大好きです。

低い体勢で部屋中を元気いっぱい走り回るので姿を形容して、猫のスポーツカーなんて呼ばれたりすることも。

活発で飼い主に遊んでもらうことが大好きなので、興味を引くオモチャをいろいろ購入してあげましょう。

 

一緒に遊ぶ時間は、猫にとっても飼い主にとってもかけがえのない時間です。

その他、運動不足を感じているようなら、キャットタワーなどの購入も考えてあげてくださいね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

あとは、毎日食べるエサを購入すればお迎えすることが出来ますね。

エサは、月齢が若いうちは、仔猫用の動物性のタンパク質が豊富に含まれている栄養価の高いものを与えましょう。

 

猫は生後1年頃まで大きく成長します。

そのためにはたくさんの栄養とカロリーが必要なので、仔猫の間は、仔猫用のエサを与えましょう。

 

生後半年までは離乳食の時期です。

キャットフードが固いままでは食べることが出来ないので、温めた猫用のミルクや、ササミの茹で汁などでふやかしたものを与えましょう。

 

仔猫用のエサは、まだ体の未発達の仔猫が、ちゃんと消化吸収出来るように素材など工夫されているため成猫用のものに比べ高価なものが多いですが、1歳までの間ですので、猫のこの先の健康を思って用意してあげてください。

1歳を過ぎたら、成猫用のエサを与えてください。

 

急に切り替えるのではなく、少しずつ仔猫用と成猫用のエサの比率を変えていって1週間位を目安にして、エサを切り替えるようにしてあげてください。

成猫用のキャットフードも様々な種類のものがあります。

給餌量はパッケージに表記されていますので、猫の体重を計って、与えすぎることがないように注意しましょう。

 

特にマンチカンは肥満になりやすいので、猫の普段の運動量と照らし合わせながら、おとなしめの性格なら、指定の給餌量より少し少なめにするなど、ある程度加減をしましょう。

 

また、生後7年以上の高齢猫になると消化機能が低下してきますので、消化器に負担がかからないよう、添加物が含まれていないものや少ないものを選んで与えてあげましょう。

高品質なタンパク質が摂取でき、ある程度の脂質も含まれている老猫用のキャットフードを用意しましょう。

 

特にマンチカンだから、これを食べさせないといけない、といった制限はありません。

しかし、猫にとって穀物は消化が悪いので値段が安いからといって、穀物でかさ増しされたエサは避けたほうが良いです。

 

エサも値段が様々ですが、大体1ヶ月5000~8000円ほどです。

ドライフードの他に、缶詰やオヤツなど与える場合は、プラス3000~5000円ほどかかります。

 

エサにも色んな種類がありますし、月齢に合わせたものもありますので猫の成長に見合ったエサを与えてあげてくださいね。

 

 

マンチカンの飼い方まとめ

以上がマンチカンの基礎的な情報から、実際の飼育方法までの幅広い情報です。

猫の中でも少々特殊な種類ですが、マンチカンならではの可愛らしさが一杯ありますので是非悩んでいる方は共に生活をしてみて下さい。

そして、マンチカン好きのために是非とも子猫を産ませてあげ、マンチカンファン達へ里子に出してあげて・・・。笑

というのは冗談ですが、マンチカンとの生活を満喫して下さいね!

 
スポンサーリンク