うさぎの中でも人気の種類アメリカンファジーロップ。

今回はアメリカンファジーロップの飼い方や性格について掘り下げて紹介します。

病気やしつけなど、実際に飼育する上で気になる点を解説していますので是非最後までご覧下さい。

 

 
スポンサーリンク
 

 

アメリカンファジーロップの飼い方

アメリカンファジーロップは、垂れた耳と長い毛並みが特徴的な非常に可愛らしく人気が高いウサギです。

そんなアメリカンファジーロップをこれから飼おうと思っている方も少なくないでしょう。

では、アメリカンファジーロップを家族に迎えるにあたり、どのような準備をしておけばいいのでしょうか。

 

種類と価格

まず、アメリカンファジーロップにはスタンダードタイプと、ショータイプの2種類があります。

一般的なペットショップなどで販売されているのは主にスタンダードタイプで、価格は3~5万円程になっています。

 

一方、ショータイプは非常に毛並みが美しく、品評会などで受賞するレベルのウサギというだけあって価格は4~7万円とやや高めです。

ショータイプが欲しい場合はうさぎ専門店、もしくはウサギ専門のブリーダーなどから購入するといいでしょう。

 

うさぎは基本的に夜行性ですので、動いている様子を見て買いたいというのであれば、ショップには夕方以降に足を運ぶのがおすすめですよ。

 

ケージ

あらかじめ用意しておくべきものは、うさぎ用のケージ、餌入れ、水飲み器、かじり木、うさぎ用のトイレなどです。

うさぎ用のケージは、ある程度自由に動き回れるように十分な大きさのものを用意しておきましょう。

 

底部分がスノコや網状になっているものは、糞が下に落ちるようになっているので掃除も楽ですし、衛生さを保つことが出来ますよ。

下部分だけ引き出せるタイプのものだと、より掃除も楽になります。

価格は6000~1万円程になります。

 

餌入れ

餌入れはうっかりひっくり返してしまわないよう、ある程度重みがある物がおすすめです。

ケージに固定できるタイプのものなら安心。

 

水飲み器にもサイズが色々あります。

アメリカンファジーロップであればMサイズ~Lサイズのものがいいでしょう。

水はできるだけ毎日新しいものに取り替えてあげて下さいね。うさぎの体長に合わせて、楽に水が飲める位置に固定するようにしましょう。

餌入れ、水飲み器はいずれも1000円前後で購入できます。

 

トイレ

うさぎ用のトイレは、四角形や三角形のものが多く、ケージ内の隅に設置して使います。

アメリカンファジーロップは賢くて、しつければトイレもきちんと覚えてくれるのでトイレは是非用意しておきましょう。

うさぎ用のトイレは1000円程で購入できます。

 

その中にはトイレ砂をいれておきましょう。

消臭効果の高い砂を使えば臭いも気になりにくくなりますよ。

トイレ砂は500~1000円ほどで購入できます。

 

シャンプー

うさぎ自体は非常にきれい好きな生き物ですが、やはりどうしてもお尻周りなどは汚れやすくなります。

年に二回訪れる換毛期には抜け毛が酷く毛球症などを引き起こす危険性が増してしまいますので、定期的なシャンプーがおすすめです。

犬や猫用のものではなく、ウサギ専用のシャンプーを使ってあげるようにして下さい。

1000円未満で購入可能です。

 

中には、どうしても水に濡れるのを怖がるうさぎもいます。

無理にシャンプーをしようとすると暴れて怪我をする可能性もあります。

そういう子にはパウダータイプのシャンプーや、シートシャンプーがおすすめです。

 

水を使わずに済むので、シャンプーが苦手な子でも比較的嫌がりません。

ゴシゴシ擦ると嫌がりますので、優しく丁寧に汚れを拭き取るようにしましょう。

こちらも500~1000円ほどで購入できます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ブラッシング

ブラッシングも大切です。

アメリカンファジーロップは非常にスキンシップを好むうさぎですのでブラッシングを喜んでくれる子も少なくありません。

スキンシップを取りながら、抜け毛をできるだけ取り除いてあげて下さい。

ブラシはおよそ1000円前後です。

 

アメリカンファジーロップは被毛が非常に長いのが特徴的です。

ふわふわな美しい毛並みを維持するためには定期的にブラッシングをしてあげましょう。

週に2~3回くらいが目安。

 

うさぎは自分で毛づくろいをする生き物ですが、猫と違って毛玉を吐き出すことが出来ません。

お腹の中に毛玉が溜まると毛球症を引き起こすこともありますので、抜け毛はできるだけブラッシングで取り除いてあげて下さい。

 

年に2回換毛期があります。

換毛期は特に念入りにブラッシングをするようにしましょう。

元々スキンシップが大好きなうさぎですので、ブラッシングも喜んで受けてくれることでしょう。

 

かじり木と爪切り

野生のうさぎの場合、穴を掘ったり硬いものを食べたりすることで爪や歯が自然と削れてくるため問題はありませんが、飼育下でのうさぎの場合、そうはいきません。

そのままにしておくと歯や爪が伸びすぎて怪我や病気を引き起こしてしまいます。

その為、かじり木と爪切りは必ず用意しておきましょう。

 

うさぎの爪切りは出来れば二人以上で行うのがベスト。

爪の途中まで血管が走っており、そこをうっかり切ってしまうと出血してしまいます。

光に透かすと血管が見えますので、その下のところから切ってあげましょう。

 

どうしても心配な場合はトリミングサロンや動物病院に依頼するのもおすすめです。

 

ワクチン

うさぎは犬や猫のように定期的なワクチン接種などは必要ありませんが、やはりどうしても病気や怪我をした場合には動物病院につれていかなければならないこともあります。

そんな時にはキャリーバッグが必要になります。

小型犬用・猫用のものでもかまいません。キャリーバッグはおよそ3000~5000円ほどです。

 

餌はうさぎ専用のペレットや牧草をメインに与えてください。

時折しっかりと水気を切った野菜やフルーツなどを与えても構いません。

パイナップルやパパイヤなどは、胃の中に溜まった毛玉を溶かす効果があるため、毛球症予防にも繋がりますよ。

 

アメリカンファジーロップを迎える場合、初期費用はおよそ2~3万円ほどです。

飼育にあたる継続費用は毎月5000円程。

是非大切に可愛がってあげて下さいね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

アメリカンファジーロップの性格

 

アメリカンファジーロップは非常に可愛らしい見た目で、うさぎの中でも特に人気のある種です。

元々フレンチアンゴラうさぎとファジーロップイヤーうさぎの交配によって生まれたのがアメリカンファジーロップ。

小さくてやや縮れた長い毛並みと、垂れた耳が特徴的です。

 

他のうさぎに比べて顔が丸っこいので、いつまで経ってもあどけない印象が抜けない可愛らしさがあります。

 

甘えん坊で飼いやすい

そんなファジーロップイヤーは、体も小さく、穏やかで温厚な性格をしていますので初めてうさぎを飼育する方にもおすすめです。

アメリカンファジーロップには大きく分けてスタンダードタイプとショータイプのものがあり、一般的なペットショップなどで取り扱われているものは主にスタンダードタイプです。

大きさは大体30㎝ほどで、体重も2~3kg程が一般的です。

 

ショータイプになるとスタンダードタイプに比べてひと回り小さく、体重は1.5~2kg程度になります。

 

アメリカンファジーロップは他のうさぎに比べるととても懐きやすく、甘えん坊な性格をしています。

好奇心旺盛で、飼い主の顔を覚えて自ら甘えてくる子も少なくありません。

スキンシップ好きな子も多いので、撫でたり抱っこされたりするのもあまり嫌がりません。

 

しつけは可能?

更に、アメリカンファジーロップは賢いうさぎとしても知られています。

自分の名前もちゃんと覚えてくれますし、トイレをしつけることも可能です。

名前を呼んで駆け寄ってくる様は非常に愛らしく、見ていて飽きのこないうさぎと言えるでしょう。

 

アメリカンファジーロップは5~10年ほど。

もちろん、飼育環境が良ければより長生きさせることも可能です。

出来るだけ長い間一緒に過ごすためには、ケージ内の掃除をこまめに行い、清潔を心がけるようにしましょう。

 

トイレを覚えさせれば掃除も比較的楽になります。

トイレを覚えさせるためには、トイレ砂の中にうさぎの糞、もしくはオシッコを拭き取ったティッシュなど、臭いがついているものを入れておきましょう。

うさぎがソワソワし始めたらトイレに連れて行くことを繰り返していると徐々に覚えてくれますよ。

 

肥満対策

また、アメリカンファジーロップはやや肥満になりやすい傾向があります。

食べている様子が可愛いからと言っておやつを食べさせすぎるのは厳禁です。

エサは栄養バランスを考えて与えるようにしましょう。

 

野菜や果物もおすすめですが、水分量の多いものは下痢を引き起こしてしまうこともありますので、やり過ぎには注意しましょう。

 

しっかり遊んであげるのも肥満防止になります。

出来れば毎日ケージから出して、30分~1時間ほど遊ばせてあげて下さい。

電気ケーブルやソファ、マットなどを齧ってしまうこともありますので、カバーを掛けておくか、遊ばせられるサークルを用意しておくといいでしょう。

 

散歩も可能

アメリカンファジーロップは日光浴も大好きですので、胴輪をつければ散歩に連れて行くことも可能です。

ただし、野草の中にはうっかり食べてしまうと危険なものもありますので、うさぎにとって安全なところで運動させてあげて下さいね。

 

病気について

アメリカンファジーロップは垂れ耳が可愛らしいうさぎですが、その分耳に湿気や汚れが溜まりやすくなっています。

定期的にめくってチェックしてあげて下さい。

 

あまり汚れていたり、異臭がする場合はすぐに動物病院に連れて行って適切な処置を受けるようにしましょう。

下手に綿棒などを使って掃除をしようとすると難聴を引き起こしてしまう危険性もあります。

 

また、アメリカンファジーロップは熱中症や皮膚病、尿結石などにも気を付けてあげて下さい。

小さい内は26~27度、成長したら20~25度ほどを保ってあげて下さい。

特に夏場は暑いとぐったりしてしまいますので、クーラーやペット用の冷却シートなどを使って快適な空間を作ってあげるようにしましょう。

 

多頭飼いと繁殖

うさぎは元々非常に縄張り意識の強い生き物。

アメリカンファジーロップも例外ではありません。

多頭飼いをするのであれば、赤ちゃんの頃から慣らしておくのがおすすめです。

 

ある程度成長した個体であれば縄張り争いで怪我をしたり、ストレスを感じたりすることもありますので、出来れば単独飼育をしてあげて下さい。

また、繁殖期のオスはスプレーと言われる臭いのするオシッコを撒き散らす行為を行うこともあります。

スプレーは去勢することで抑えることも出来ますので、繁殖させないのであれば去勢をさせるのもいいかもしれません。

 


 

以上がアメリカンファジーロップの飼育方法。

うさぎの中でもアメリカンファジーロップは人気のある種類です。

しかも一人暮らしでも飼いやすい動物ですので、是非とも悩んでいるならおすすめですよ!

 
スポンサーリンク