カメレオンは周りの環境に応じていろいろな色に変化するのが楽しい生物です。

体の色が変化するペットはあまりいないので面白い爬虫類を飼ってみたい人にカメレオンはおすすめ。

カメレオンはグロテスクなイメージを持たれがちですが、飼ってみると非常に可愛らしいことが分かります。

可愛くて面白い特注があるので世界中に愛好者がいます。

 

 
スポンサーリンク
 

 

爬虫類の中にはあまり動かなくて地味なタイプがいますが、カメレオンは体の色を変化させるところを見るだけでも十分楽しむことができます。

カメレオンを飼ってみたいけど初心者には飼うのが大変そうと思われがち。

しかし、正しい飼い方をすれば爬虫類を飼うことに慣れていない人でも問題なく飼うことは可能です。

 

 

カメレオンは爬虫類なので心を通わせることはできないと思う人がいます。

しかし、ずっとカメレオンを大切に飼っていると自然と愛情が湧いてきます。

 

そのため、愛くるしい爬虫類を飼ってみたい人はカメレオンを飼ってみるといいです。

カメレオンは多くのペットショップで扱っているのですぐに買い始めることが可能。

カメレオンは素早く顔を動かしてすばしっこい動きをするので非常に面白いです。

 

カメレオンは爬虫類なので怖くて飼い辛いという気持ちを持ってしまう人がいます。

しかし、カメレオンは飼い主に向かってくるような凶暴な性格ではないので子供がいる家庭でも安心して飼えます。

カメレオンは暴れることもないのでペットを飼うことに慣れていない人でも気軽に飼うことができます。

 

カメレオンはデリケートな面を持っているのでストレスを与えないように飼うべきです。

例えば、体の色を変化させようと驚かしたりしないことが重要です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

カメレオン初心者におすすめはエボシカメレオン

初めてカメレオンを飼う人におすすめなのはエボシカメレオン。

エボシカメレオンは飼いやすいのが大きな特徴なので初心者でも安心して飼うことが可能。

 

やはりカメレオンを飼うのが初めての人は可愛いらしさよりも飼いやすさを重視して選んだ方が後悔がないです。

管理が難しいタイプのカメレオンだと飼ってから大変なので後悔してしまうリスクがあります。

 

エボシカメレオンは飼いやすさだけでなく独特な姿をしているところも人気のある理由。

また、エボシカメレオンは成長してもそれほど大きくはならないので、あまりサイズが大きくなりすぎないカメレオンを飼いたい人におすすめです。

 

 

カメレオンを飼う時の注意点

子供の頃は小さくて可愛らしいカメレオンでも成長してから想像よりも大きくなって飼うのがしんどくなることがありがちです。

そのため、カメレオンを飼う時は成長してからどれくらいの大きさになるかチェックすることが肝心。

なるべく大きくないサイズのカメレオンを飼いたいならば、オスよりもメスを選んだ方が無難です。

また、メスの方が顔が愛くるしいのもいいところです。

 

カメレオンは周りのシチュエーションによって体の色を変えるだけでなく、体調でも体の色を変えるのが大きな特色。

そのため、体の色を見るだけで体調が分かるケースがあります。

また、カメレオンの体色は全ての個体で同じではなくそれぞれ違いがあるので複数のカメレオンを飼って色の違いを楽しむといいです。

カメレオンの顔も同じ種類でも微妙に違うので実際にペットショップで顔を確認してから好みに合ったカメレオンを飼った方がいいです。

 

カメレオンを飼うことにはエサ代やゲージを用意するなどコストがそれなりにかかることは覚悟しておくべき。

カメレオンを飼い始めるときになるべくお金をかけたくない人はベビーを飼うといいです。

カメレオンはベビーの方が安くなることが多いです。

ベビーは見た目が非常に可愛いので飼いたいと思う人は多いです。

 

しかし、ベビーを飼い始めてから後悔してしまう人がいます。

それはカメレオンのベビーを飼うことは成体を飼うよりも手間がかかるからです。

成体は環境の変化に対応しやすいですが、ベビーはまだ体質が強くないのでちょっとしたことで弱ってしまいます。

そのため、かなり慎重に扱うことが必要です。

 

もしあまり手間をかけずにカメレオンをペットにしたいのが望みならばベビーを選ばない方が後悔がないです。

可愛いからといって弱りやすいベビーを飼ってしまうと飼ってから大変な思いをする可能性があります。

特に爬虫類を飼ったことがない人はカメレオンの成体をペットにした方が管理しやすいです。

 

カメレオンは長い舌を伸ばしてエサを食べるのが大きな特徴。

昆虫を長い舌を使って取る仕草は非常に面白いのでエサをあげるのが楽しいと思えます。

また、カメレオンの中には昆虫だけでなく果物を食べる種類がいます。

果物のエサを与えることができると、昆虫が家にない時に果物を代わりに与えることができるので便利。

自分でカメレオンの繁殖をしたい時には初心者でも楽に繁殖ができるタイプを選ぶと成功しやすいです。

ただ、カメレオンが増えると飼育する手間が増えるので複数のカメレオンを飼育する自信がある人のみ繁殖をするといいです。

 
スポンサーリンク