最近、SNSでも人気が高まっているセキセイインコちゃん。

身の回り品にもあまりお金がかからず、お散歩も必要ないので、費用の面から考えるととてもありがたい!…と思っている方がいましたら、ちょっとばかり考え直して頂きたいです。

それは、後ほどデメリットの所でお伝えしようと思います。

可愛いしなつきやすいし、値段も安い!

だから飼いたいと思っている人はちょっと待った!

 

 
スポンサーリンク
 

 

セキセイインコの飼い方

 

まずはセキセイインコの飼い方ですが、ヒナの時に引き取ることでとても飼い主に懐くのでオススメ。

 

雛の温度管理

ヒナの時は「温度管理」がとても重要になってきます。

もともとセキセイインコは暖かい場所の動物。

 

そのため、寒さにとても弱いです。

ヒナの時は「鳥かご」ではなく「虫かご」のような小さなケースの中で飼うことをおすすめします。

そして、小屋の温度を一定に保つこと。

 

保温アイテムは鳥かごの中や外につけられる「サーモスタット」がオススメ。

冬場の保温に一役かってくれます。

また、温度計も必須。

セキセイちゃんの籠につけておくことでいつでも温度管理ができます。

 

雛の餌

餌は、人肌の温度に温めてパウダーフードとあわ玉を混ぜた物が一般的。

これを挿し餌であげます。

 

成鳥になるにつれて、ある程度の温度管理は最低限で大丈夫になります。

羽をばたつかせて「飛びたい!」となったら、もうすぐ鳥かごに移す準備をしましょう。

 


 

大きくなってきたら小鳥用のケージに移しましょう。

 

成鳥のケージ

ケージは3000円程度で売っているもので十分。

セキセイインコは18㎝程度になるため、その大きさになっても入れておけるケージがあればOK。

 

成鳥の餌

成鳥の餌は、基本的にはお水を毎日取り換えたり、スプーン一杯分のセキセイ用の餌「シード」と呼ばれる餌を朝と夜にあげるくらい。

後はビタミン剤などがあるとより良いと思います。

 

餌の時に栄養を補うためにオススメなのは「ネクトン」と呼ばれる栄養補助食品。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

☆インコ サプリメント 栄養剤 / NEKTON-S(ネクトンS)35g
価格:1677円(税込、送料別) (2018/2/20時点)

 

 

お医者さんにもオススメされた栄養補助食品です。

 

成鳥の温度管理

温度調節は、基本的には20~25度

病気の時は体力温存のため30度を心がけてください。

 

ケージの掃除

小屋のお掃除は週に2回はしてほしいです。

セキセイちゃんは糞が多いので、すぐに汚れて細菌が発生してしまいますので清潔を保ってくださいね。

 

 

セキセイインコが遊ぶおもちゃ

遊び用具は、セキセイちゃんにとって良いストレス緩和となります。

でも、成鳥してから見せるとセキセイちゃんは驚いてしまいストレスにつながります。

子供のころから小屋に入れておくことで自分なりの遊び方を考えて遊びます。

 

私のオススメは小屋の上からぶら下げる「ブランコ」です。

インコちゃんによってはそこを寝床にする子もいます。

 

 

セキセイインコ飼育の便利アイテム

インコを飼っていて便利と感じたアイテムは、インコと同じくらいの大きさの縫いぐるみや鏡など。

私の場合一度に何羽も飼うということは何となく避けたかったので、インコちゃんにとって遊び相手は私か縫いぐるでした(笑)

又は、鏡に映った自身の姿に話し掛けているようなこともよくありましたね。

 

後は、黒い布。

私は自分が夜寝る時はゲージに黒い布で覆い、強制的に寝かせるように心掛けました。

こうしないと、私が寝た後でもインコだけが起きているようなことがよくあったから。

インコが睡眠不足にならないためにも、これはいい対策だったと思います。

インコが起きていて音をたてたりしていると私も寝付けないですし、インコの体調管理のためにも本当に役立つアイテムでした。

 

 

スポンサーリンク



 

 

セキセイインコはなつく?性格は?

 

セキセイインコはとても懐きます。

多くのセキセインンコを飼ってきましたが、どのセキセイちゃんも飼い主に焼きもちを焼きます。

これがかわいい。

 

ちょっと留守が長くなれば、帰ってきたらものすごく呼び鳴きをします。

そして、外に放鳥すると、飼い主をつつきます。

「どこにいってたのよ!」と言わんばかりのつつきよう。

 

しばらく遊んであげるとご機嫌な様子で肩に乗っておしゃべりをはじめます。

また、セキセイちゃんは床のお散歩も大好き。

床をテコテコ音を立てて走る姿はもう、たまらなくかわいいです。

すぐに動画を撮りたくなってしまいますよ。

 

ただ、小さいので絶対に踏まないように気をつけましょう。

私の家のセキセイちゃんはイタズラが大好きで、ティッシュを加えて空中を飛びまくっていますよ。

 

 

セキセイインコはよく話す

私がキイロちゃんのことで一番印象に残っているのは、やはりお喋りですね。

 

私が話し掛けたことを覚えるだけではなく、オモチャとしてゲージに入れてある鈴の音を真似したり、いつの間にかテレビのCMを口ずさんでいたり。

私が部屋にいて電気を付けている間は、セキセイちゃんはずっと話続けているような状態で、その他にも部屋の中を歩き回ったり時には飛んでみたり。

「小さいのに凄いパワフルだな…」とよく思ったものでした。

 

ただこれは仕方ないことなのですが、どんなに話をするセキセイちゃんでも名前を呼んでもそれを覚えてはくれませんでした。(笑)

「セキセイちゃん」と呼ぶ私の声はそのまま真似してお喋りするのですが、自分自身がセキセイちゃんという名前ということは覚えられないのです。

まあ、そのあんぽんたんな感じが可愛かったりするんですけどね。笑

 

名前が覚えられないので・・・犬や猫の場合、名前を呼べば鳴きながら近寄ってきたりしますが、セキセイインコには残念ながらここまでの知能はありません。。

つまり、人間を恐れなくはなるものの慣れないということ。

セキセイインコが人間に慣れてくれればもっと可愛いのにと、何度も思ったものでしたよ。

 

 

セキセイインコはストレスに弱いので病気に要注意

可愛くて愛らしいセキセイインコちゃん。

メリットはなんと言っても小さくても頭がよく飼い主によく懐くこと。

 

犬や猫と同じく、飼い主の感情にとても敏感で、自己主張もとても強い動物。

怒るし、悲しむし、喜びます。

人間と同じ感情を持っています。

 

それから、初期費用のお手軽さもメリットでしょう。

小屋のグレードにもよりますが、1万以内でセキセイインコを飼う準備はできるでしょう。

 

また、毎日のように明るい鳥の声が聞けることも意外なメリット。

それのどこがメリットなの?と思う人が多いかもしれませんが、インコの鳴き声を聞いていると私の場合は本当に元気になれました。

また、鳥の声が聞こえてくる部屋には暗さを全く感じないというか…

いかにも運を上げてくれているような感じがします。

 

また、インコの糞は犬や猫と比べると臭いが少なく、動物特有の臭いに悩まされない点も大きなメリットだったと思います。

 

 

そして、私が一番伝えたいデメリット。

それがセキセイインコちゃんはよく病気をするということ。

なぜならストレスにもとても弱いから。

 

セキセイインコは他の鳥に比べると丈夫で、比較的長生きする傾向にあります。

しかしストレスが原因によって色んな病気を発症します。

 

肝臓が悪くなったり、細菌に感染したり・・・生まれた時から病気を持っている子もいます。

そして、他の動物と同じく保険はききません。

 

「安いし手軽だしかわいいから飼おう!」そう思うのは良いですが、その後、月に1~2万円治療費がかかることがあります。

悲しいことに犬や猫と違ってどこかセキセイインコちゃんの命が軽んじられてしまいます。

「病気になったら、こんなにお金がかかるなんて!」そう言って見捨てる人もいます。

 

もちろん、多くの飼い主さんが本当の家族のように思っているかと思いますが、心ない人も中にはいます。

 

私が飼っているセキセイちゃんは、嘴がすごく長くなって、心配になって病院に連れていったら「肝臓が悪いので長期治療になります。」と言われました。

毎月の点滴と、水に混ぜる薬、餌に混ぜる薬。定期的な血液検査やレントゲン。

かかる費用は結構なもの。

 

それでも、インコちゃんは大事な家族。

いくらかかっても直してあげたいと思います。

 

また、鳥を見てくれる動物病院はとても少ないということも知ってほしいです。

「飼ったはいいけど、病気になってしまった。でも病院がない。」それではインコちゃんは死んでしまいます。

飼う前に近所に鳥を見てくれる病院があるかも、絶対にチェックをしてくださいね。

 

病気の対策をするには・・・?

病気を発症しないようにするには、まずは冷やさないように注意しましょう。

セキセイインコは比較的頑丈ですが、寒さには弱いため冬はゲージの前にハロゲンなどの暖をとれるアイテムは必須。

 

次に掃除。

私は毎日夜に餌と水を必ず与えて、ゲージの掃除も毎日行いました。

ゲージ内の止まり木に付いた糞やオーツ麦の殻などを取り除いて、オモチャや鏡もキレイに拭いてあげます。

はじめのうちは毎日ゲージ内を掃除するのが面倒でしたが、インコが自分に慣れてきて可愛さも増していき、清潔な環境で少しでも長生きしてほしいと思うようになってからは、当たり前のことのように感じていましたね。

 

あとはとにかくストレスを与えないように

  • 驚かせたりしない
  • 奇抜なおもちゃは与えない
  • 食事を与えすぎない

などの点に気をつけましょう。

 

セキセイインコの寿命は長くても10年程。

犬や猫に比べると早死にです。

セキセイちゃんは11年も生きたのですが、その後新たにインコを飼う気にはなれませんでした。

 

新たに別のインコを飼ってしまって、セキセイちゃんが思い出になってしまうのが今はまだ辛いというか。

セキセイちゃんがいなくなって2年くらい経ちますが、ようやく最近になって落ち込みから立ち直ったような感じです。

たかがインコでしょ?と思う人もいるかもしれませんが、毎日のように接しているとすっかり家族のようになってしまうんですよ。

 

ですから、いなくなった時のショックは相当なものでした。

ペットは可愛いですし掛け替えのないものですが、いつかはいなくなります。

だからこそ、寿命をまっとうさせてあげられるように病気には細心の注意を払って下さいね!

 

あとはセキセイインコ、鳥は小さくても犬や猫と同じ家族。

手軽だからと軽い気持ちで飼うのだけは絶対にやめましょう。

家族として家に迎えて、いつも一緒に暮らせばその愛らしさの虜になることは間違いないです。

生き物を飼う覚悟を知った上で、インコちゃんを飼ったのならインコちゃんとの素敵な生活が待っていますよ。

 
スポンサーリンク