「手乗り」。

これはペットを飼う人に取って永遠の憧れかもしれません。

スキンシップが取れている実感がありますし、何よりペットから「家族」として認識されたような感じがして嬉しいですよね。

そこで今回はセキセイインコを手乗りインコにするための方法をお教えします。

 
スポンサーリンク
 

 

手乗りセキセイインコにする育て方

手乗りのセキセイインコにするためには、いくつかのポイントがあります。

「雛じゃないから、無理だ…。」と思う方もいるかと思いますが、大丈夫、成鳥からでも手乗りインコにはできますよ。

 

今回はいくつかのポイントに分けてお話をしていきたいと思います。

 

雛の時から育てよう

一番良いのは、「雛から育てる」のが確実に手乗りになる方法です。

雛の時は警戒心があまりないですからね。

幼い時から「人の手は安心できる場所。」「人の手は楽しい場所。」と覚えることが重要です。

 

かと言って、雛の時は体力がないので「はやく慣れさせないと!」と頻繁に籠から出して遊ぶのはやめてくださいね。

雛の時期には、少しずつです。

人の手から餌を食べていれば必然的に慣れるので、無理はしないようにしてください。

 

雛から育てる方法についてはコチラの記事を参考にして下さい。

 

ペットショップで挿し餌で育てられた中ビナ(生後2ヶ月程度)から育てよう

雛の時からは世話が大変で難しい…。そういう方は大勢いるかと思います。

特に社会人のみなさんは中々付きっきりで育てることは難しいですよね。

そんな時は、すでにできるだけ人間の手に慣れている「中ヒナ」くらいから育てるようにしてみてください。

 

まだまだ人間が挿し餌をしないといけない時期ではありますが、完全なヒナから育てるよりは手手もかかりません。

また、中ヒナくらいの頃は、成鳥程は警戒心もないため、比較的飼い主さんとの信頼関係も築きやすい時期でもあります。

 

やっぱり世話が難しい。大人の手乗りが良い。

挿し餌なんてやっぱり無理、という方もいるかと思います。

そういう時は、「手乗りとして育てられたインコを探す。」のも良いかと思います。

 

もちろん、成鳥になり警戒心が強くなっているため、懐く速さは雛の時とは違いますが、「人の手に慣れている。」ため信頼関係さえ築ければ手乗りインコとして飼うにはあまり難しくないかと思います。

ペットショップで「大人の手乗りインコはいますか?」と聞いてみてください。

 

 

スポンサーリンク



 

 

セキセイインコを成鳥から手乗りにするには?

成鳥を手乗りにするには、はじめに言います。

決して簡単ではありませんし、根気が必要です。その個体によっては数か月~数年かかる子もいるでしょう。

 

でもあきらめず、気長にやることが一番です。

では、実際にどうやれば良いのか・・・3ステップに分けて解説をします。

 

ステップ1:鳥籠の外から頻繁に話しかけておやつをあげてみる

飼い主さんに慣れるためにもまずはたくさん話しかけてください。

「私はあなたが大好き。」「私はあなたの味方だよ。」と優しい声色で話しかけてあげてください。

 

まずは、「あなた」という存在に慣れてもらう所からです。

無理に籠の中に手を入れれば速攻で「敵認識」されるので強引には行かないでくださいね。

 

人間と同じです。

いきなりテリトリーに土足で入ってこられたら怒りますよね。

たくさん話かけながら、今度はおやつをあげてください。

 

人間の手から食べ物を食べる経験をさせてあげてください。

時間はかかるかもしれませんが、オヤツを食べるようになれば「人間の手は怖くないもの」という認識になるはずです。

このトレーニングは、1日の中でも5~10分程度にしてください。

 

しつこいと、鳥さんも嫌がってしまいますし、ストレスになってしまいます。

 

ステップ2:餌の次は、自分から近づいてもらう。

オヤツ作戦は、2,3週間続けてください。

焦りは禁物。

 

次のステップとしては、籠の入口を開けてください。

今度はそこへオヤツを置いた掌を入口に置いておきます。

そうしている内に、インコちゃんの方から餌を取りにくると思います。

 

そうしたら、インコちゃんは自ら人間の手に近づくことができたということになります。

でも、まだ焦りは禁物、決して焦って籠の中に手を入れてはいけません。

 

ステップ3:入口に手を置いておこう

ここまで来たら今度はオヤツはなしで、籠の入口に指を置いておき、乗ってくれるのを待ちましょう。

もしも籠から出てくれなかったら放鳥はしないでください。

 

放鳥をして、手に乗れない子は籠に入ることができません。

最終手段として体を掴んで入れることになります。

そんなことをしたら、今までの苦労が水の泡。

人間の手は「怖い物」のなってしまいます。

 

成鳥を手乗りにするにはとにかく「根気」が必要です。

焦らずにゆっくりと慣れてもらうことが必要になります。

 

そして、インコちゃんは人間の感情を読み取ります。

もしも飼い主さんが「なんで乗らないんだよ!」とイライラしていたら、絶対に乗りません。

「私はあなたに何もしないよ。」と気持ちを伝えることも重要です。

 

 

最後に

インコちゃんを飼いたいと思っている方は「手乗り」のイメージが強いかと思います。

やはり一緒の家族なので触れ合ったりしたいですよね。

インコちゃんも同じ。

 

信頼関係を築いたら、インコちゃんも大好きな飼い主さんと一緒に遊びたいんです。

でも信頼関係をすっ飛ばして自分の気持ちだけを押し付けてもそれはインコちゃんにとっては、ストレスになってしまいます。

ゆっくりと時間をかけて関係を深めてから、一緒に触れ合うようにしてくださいね。

 
スポンサーリンク