今回はアフリカンランプアイについてご紹介します。

水槽の選び方から注意すべき病気まで、この記事を読めばすぐにでもアフリカンランプアイを飼育できるので、気になっている方は是非最後までご覧下さい。

 

 
スポンサーリンク
 

 

アフリカンランプアイの飼い方

 

アフリカンランプアイは、ややグレーがかった透き通った体をしており、その名の通り、目の周りだけ青く光るのが魅力的な魚です。

非常に丈夫で、初心者の方にも育てやすいので、これからアクアリウムを始めてみたいとお考えの方にもおすすめですよ。

 

水槽の選び方

アフリカンランプアイを育てていくにあたり、まずは水槽などの準備をしておく必要があります。

アフリカンランプアイは群泳させることで、より美しさを引き立たせることが出来ますので、最初からある程度の大きさの水槽を用意しておくのがおすすめです。

30~40㎝ほどの水槽を用意しておきましょう。

 

やや臆病でびっくりすると飛び出してしまうこともありますので、出来れば蓋付きのものがベストです。

 

アフリカンランプアイ自体、あまり目立ちにくい体色をしていますので、濃い目のバックスクリーンと合わせると美しさが際立ちます。

自分でスクリーンを貼ることが難しい場合は、あらかじめバックスクリーン付きの水槽を選ぶのもいいですね。

水槽は素材やフレームの有無などで価格にばらつきがありますが、2000~5000円程で購入できます。

 

底砂はなくても構いませんが、あるとレイアウトが引き締まりますし、水質も安定しやすくなります。

種類は砂利やソイルなどがあります。

粒の大きさやカラーも様々ですし、それぞれ性質も異なりますので、混泳させる魚や水草の種類に応じて適切なものを選ぶようにしましょう。

種類によって差はありますが500~1000円程で購入できます。

 

ろ過器

水槽内には、エアレーションとろ過器を用意しておきましょう。

ある程度の水質の変化に強い魚と言っても、やはり汚れた水では病気になりやすく、体色も衰えてしまいます。

アフリカンランプアイを迎える数日前から水槽にカルキ抜きした水を張り、ろ過器とエアレーションを稼働させて水作りをしておきましょう。

 

いずれも1000~2000円ほどで購入できます。

あらかじめバクテリア水などを投入しておくと水質もより安定し、透明感も増します。

 

水草

アフリカンランプアイは濃い目の水草との相性も抜群です。

水槽の上部を泳ぐ性質を持っていますので背の高いアナカリスやマツモなどを一緒に入れておくといいですよ。

水槽をたっぷり入れておくことによってアフリカンランプアイの隠れ家にもなりますし、繁殖もさせやすくなりますよ。

 

アフリカンランプアイ自体は非常に繁殖させやすいので、水草を入れておけば自然繁殖も可能です。

水草は種類にもよりますが、アナカリスなどは比較的安価で入手可能です。

一房300円前後が一般的です。

 

水草には残留農薬がついている可能性もありますので、水槽に入れる前にはまずスチールロックなどを全部取り外して流水でしっかりと洗い流しておくようにして下さい。

心配な場合は、農薬除去用の薬品を使うという方法もあります。

初期費用は1万円以下で一通り揃えることが出来ます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

環境への慣らし方

水作りが出来たら早速アフリカンランプアイを水槽内に入れていきましょう。

アフリカンランプアイ自体は非常に安く、1匹あたり50~100円ほどで販売されています。

まとめ買いをすれば更に割引になるところもあります。

 

後々繁殖させたいのであれば、元気の良いオスとメスをバランス良く組み合わせて購入するようにしましょう。

買ってきたばかりのアフリカンランプアイは、いきなり水槽内に入れるのではなく、まずは購入したときの袋に入れたまま水槽に浮かべ、数時間そのままにして水温に慣らしましょう。

 

ゆっくりと袋の口を開き、少しずつ水槽の水に移していきます。

照明を当てるとキラキラ光ってとても綺麗ですが、新しい環境になれるまでは照明は控えめにしておきましょう。

強い照明に驚いて飛び出してしまう可能性もあります。

 

エサは人工餌で大丈夫です。

口に入るくらいの大きさのものを選ぶようにしましょう。

水槽上部を泳ぐ魚ですので、水面に浮きやすいフレーク状のエサがおすすめです。

 

エサは1日に1回、食べ切れる分だけ与えて下さい。

食べ残しは水質汚染の原因になります。

底部に溜まった食べ残しを食べてくれるオトシンクルスやコリドラスなどを一緒に飼育するのもおすすめですよ。

 

ミナミヌマエビやヤマトヌマエビも食べ残しを処理してくれたり、苔を取り除いてくれます。

 

アフリカンランプアイはヒーター等がなくても育てられるので、継続費用もほとんどかかりません。

水換えは、週に1回ほど水槽内の四分の一位を入れ替える程度で構いません。

事前にカルキ抜きをして、水温を揃えておきましょう。

 

月に1度位は底砂の中に溜まった糞や、ろ過器のフィルターもしっかり掃除してあげて下さい。

きちんと水質管理をしてあげることによって、アフリカンランプアイの体色もより美しくなりますよ。

 

温度管理

アフリカンランプアイはアクアリウム初心者の方にも飼いやすく、水質管理も比較的容易です。

しかし30度を超えるような水温や、逆に低すぎる水温では弱ってしまうこともありますので、25~26度前後を目安に管理してあげて下さい。

水温計があれば便利ですよ。

 

繁殖方法

オスとメスの区別は尾ヒレを見ればわかります。

尾ビレに色がついている方がオスで、色がない方がメスです。

水草をたっぷり入れておくと、自然繁殖することもありますよ。より確実に増やしたい場合は、繁殖用の別水槽を用意して、水草をたっぷり入れて、お腹の大きくなっているメスとオスを入れて数日様子を見てみて下さい。

 

アフリカンランプアイの卵はばら撒き型です。

卵は肉眼でも確認することが出来ます。

産卵後は卵だけ残して、成体は元の水槽に移してあげましょう。

 

アフリカンランプアイは他の魚に比べて卵から孵化するまでやや時間がかかります。

1~2周間かかることもありますので、途中で卵がかびてしまわないようエアレーションを設置しておきましょう。

 

稚魚~幼魚の内はブラインシュリンプや稚魚用のエサなど、栄養価の高いものを与えて下さい。

ブラインシュリンプを用意するのは大変ですが、この時どれだけしっかり餌を食べられるかどうかが生き残りの鍵となってきます。

やや高額にはなりますが、ブラインシュリンプ孵化器や、殻剥きブラインシュリンプなどを使えばかなり手間を省くことが出来ますよ。

 

また、葉が小さめのマツモやウィローモスなどをたっぷり入れておくとバクテリアも繁殖しやすく、生存率もアップします。

 

 

スポンサーリンク



 

 

アフリカンランプアイの性格と病気

 

寿命

アフリカンランプアイは、透明がかったグレーの体色で、目の周りだけブルーに光る、控えめながら美しい魚。

群泳する様子はキラキラしてとても綺麗ですし、水草などのレイアウトとも合わせやすくて人気があります。

アフリカンランプアイは他の魚と比べて丈夫で飼いやすく、平均寿命は2~3年ほどですがしっかり飼い込んであげれば5年以上生きた例もあります。

 

大きさは4㎝程で、形はメダカというよりグッピーに似ています。

 

 

混泳は可能?

アフリカンランプアイは非常に温和で大人しいので他の魚を攻撃することもなく混泳が可能です。

同じくらいの大きさの小型カラシン系の淡水魚がおすすめです。

アフリカンランプアイ自体が控えめな体色ですので、やや派手目のカージナルテトラなどと合わせると水槽内も華やかになりますよ。

 

ただ、アフリカンランプアイ自体がやや臆病な魚ですので、エンゼルフィッシュやベタといった攻撃性の強い魚との混泳は控えて下さい。

同じくらいの大きさのカラシン、コリドラス系、エビ類との混泳がおすすめですよ。

アフリカンランプアイは、元々群れて生息している魚ですので、出来れば数十匹ほどまとめて飼育してあげると、早く環境にも慣れてくれますしストレスも感じにくくなります。

 

照明などの飼育環境

飼育時は、まれに水槽から飛び出してしまう子もいますので、あらかじめ蓋付きの水槽を用意してあげて下さい。

強い照明で驚いてしまう子もいますので、照明は控えめにしてあげましょう。

アマゾンファミリーなど、水面に浮くタイプの水草などでカバーしてあげるのもおすすめです。

 

他の魚と混泳させる時はアフリカンランプアイが隠れられる場所(レイアウトグッズや水草など)を作ってあげて下さいね。

 

なりやすい病気

アフリカンランプアイが掛かりやすい病気としてまず挙げられるのが白点病です。

白点病は白い斑点が体中に見られ、魚が痒がって体をいたるところに擦り付け始めます。視認しやすい病気ですのでこまめに様子を伺っていればすぐに気がつきます。

白点病用の市販薬も販売されていますので、病気の個体を隔離して薬浴させて下さい。

塩水浴も効果的。

 

初期段階であればこれで治療することが出来ます。

 

次に挙げられるのがカラムナリス病。

ちょっとした傷にカナムナリスという菌が入り込んで、背びれや尾ヒレがぼろぼろになっていく病気です。

こちらも見つけ次第、発症した個体を隔離し、メチレンブルーや塩水浴、尾ぐされ病用の薬などを使用して治療してあげて下さい。

薬浴は少なくとも1週間以上続けましょう。

 

また、最も気を付けなければならないのがウーディニウム病(コショウ病)といわれる病気です。

白点病と似ていますが、体全身に白いコショウをふりかけたような粉状の斑点があらわれます。

致死率が非常に高い上に感染率も高いので見つけ次第直ぐに対処する必要があります。

 

一匹にコショウ病があらわれた時点で水槽内の他の魚にも感染している可能性が非常に高いので、メチレンブルーや塩水で薬浴させ、水は100%入れ替えましょう。

底砂も念入りに洗浄し、出来れば水草も新しいものに入れ替えた方がいいでしょう。

 

カラムナリス病にしろ、ウーディニウム病にしろ、起こりやすくなる原因は水温の低下にあります。

普段からあまり水温が下がりすぎないように注意しましょう。

定期的的な水換え、フィルター掃除なども大切です。

 

病気もこまめにチェックしていれば早めに発見することが出来ますので、日頃から体に異常がないかどうかしっかりと確認してあげましょう。

 


 

以上がアフリカンランプアイの飼い方。

比較的簡単に飼育ができますし、犬や猫を飼えない場所でも飼うことが出来るのでどんな人にもおすすめ出来ます。

是非、ご検討下さい。

 
スポンサーリンク